〒836-0054
大牟田市天領町1-117-1
TEL:0944-57-0120

大牟田市 歯科 口腔外科 小児歯科 審美歯科 荒尾市

お子さんの歯

HOME院長紹介医院ツアー診療メニュー交通アクセスお問い合わせ
HOME»  お子さんの歯

虫歯はママから

虫歯はママから生まれたばかりの赤ちゃんに虫歯菌はいないという事、みなさんはご存知ですか?
虫歯は、虫歯菌(ミュータンス連鎖球菌)に感染して初めてできるのですが、お口の中に虫歯菌が住み着くルートはただひとつ。
人から人へとうつっていくのです。
残念ながら日本人のほとんど全ての大人虫歯菌に感染しています。
この菌が子供にうつる事が「母子感染」と呼ばれています。
母子感染と言われていますが、妊娠中に体内で感染するわけではなく、歯が生えてからしか感染しませんので子供に接する全ての大人を対象に感染予防を考えなければなりません。

虫歯菌が移りやすい時期
1歳半から3歳頃は離乳食など、食物を徐々に摂取する時期です。中でも一番接触頻度が高くご飯をあげる機会の多いお母さんは、赤ちゃんのお口に入れる前に味見したり、温度を確かめたり、親子で1つのスプーンを使う方がほとんどだと思います。
こうしてお母さんのだ液に混じった虫歯菌が、かわいいお子さんへとうつってしまうのです。

どうすれば感染を抑えられるのでしょうか?
何より大切なのは、赤ちゃんが生まれる前からのお母さんの心がけです。
お母さんのお口の中に虫歯菌がいたとしても、しっかりお手入れをして、正しい食生活を守っていれば、赤ちゃんに虫歯菌がうつる可能性はグッと減らせます。

ママにできること

①口の中を清潔にしましょう
妊娠中は食事の回数が増え、口の中が汚れやすくなっているものの、つわりがひどくて十分な歯磨きができなかったり、ホルモンのバランスが変わり、抵抗力が低下したりと口の中の状態が悪くなります。
毎日のハミガキを丁寧に行うのはもちろんですが洗口液を使ったり、キシリトールガムを噛む等して、お母さん自身の虫歯菌をコントロールしましょう。

②悪いところを治しておきましょう
現在の口の中の状態を知り、悪いところは歯科でしっかり治して、その後も定期的にチェックしましょう。
自分でケアーできない部分は歯科でしっかりサポートしてもらいましょう。

お子さんのためにできること

■虫歯の原因とその対策

虫歯の原因とその対策

■フッ素とは?

フッ素とは、毎日の食事を通して私たちの体に摂取されている必須栄養素のひとつです。
例えば、エビやみそ、日本茶などに天然フッ素が含まれています。
しかし、虫歯予防には食物からのフッ素量では足りないと言われています。
 

■フッ素の働き

フッ素の働き①歯を強くする
歯の表面のエナメル質と反応して、虫歯菌の出す酸に溶けにくい、抵抗力の強い歯にします。

②初期の虫歯を治す
虫歯菌によって歯が溶け、歯の表面が白っぽくなる初期虫歯。
ここにフッ素を塗ると元の状態に戻す事ができます。

③虫歯菌を抑える
虫歯菌の働きを抑制し、悪化を防ぎます。

■丈夫で健康的な歯のために

乳歯や生えたての永久歯は、まだ歯が成熟していない為、虫歯菌の影響を受けて虫歯になりやすいものです。
歯科医が行う専門的なフッ素治療に加えて、必要なのが自宅でのセルフケア。
正しい食生活と毎日の歯磨きをしっかり行った上でのフッ素塗布がより効果的になります。
毎日のケアと定期的なフッ素塗布で、虫歯のない、強くて丈夫な歯を作りましょう。

インフルエンザ対策とお口のケア

■インフルエンザ予防

ニュースでも連日報道されているインフルエンザ。
予防法はご存知と思いますが、手洗い、ガラガラうがい、マスク、人混みはなるべく避けるなどです。
もう一つ、インフルエンザ対策として知ってもらいたいことがあります。
それは、お口の清掃です。
「なんで?」と思われる方がおられるかもしれません。

新しいインフルエンザ予防

■インフルエンザとプラークのかかわり

インフルエンザウイルスは、私達の鼻や口から侵入し、細胞へと感染するのですが、口の中や喉の粘膜は糖たんぱく質で保護されている為、ウイルスは細胞の中へ簡単には入れない作りになっています。

しかし、お口の中に残っているプラーク(歯垢)の細菌には、この糖たんぱく質を破壊してしまう働きがあるのです。
糖たんぱく質が壊れると、ウイルスは容易に細胞の中へと侵入し、どんどん増えていきます。
すなわち、口の中の細菌は、隠れていた風邪ウイルスや、インフルエンザウイルスの感染を手助けするということになるのです。

つまり、口腔内清掃をすることで口の中の細菌が減り、インフルエンザの感染を抑制し、発症も減らすことができるのです。
この冬は、手洗い+ガラガラうがい+お口の清掃で風邪知らず、インフルエンザにもかからず元気に過ごしましょう。

インフルエンザとプラークのかかわり